ウェブマーケターの日記

ウェブマーケターの日記

ウェブマーケティングを中心に、キャリアや趣味などをつらつらと書いていきます。

都内ジムのマーケティング戦略

f:id:kawada22:20191209224155j:plain

カーディーラーは試乗が指標

カーディーラーで車を買う人はほとんどの場合、試乗をするだろう。高い買い物になるのだから慎重だし、実際に乗ってみないとわからないことも多い。これは買い手の目線。一方、うりてからすると、車を買ってもらうには、試乗をしてもらうことが必要になるわけである。試乗しないで買う人はほぼいないと仮定すると、ディーラーはいかに試乗してもらうかということが一つの指標となる。そして、試乗した見込み顧客のうち、実際に購入してくれる人が10%と仮定すると、月間100台販売するためには月間1,000組に試乗してもらうことが必要になる。

都内某ジムの場合は?

まず、大抵の民間ジムは月会員制である。そして、初月50%OFFだったり、無料となっていたりする。これも最初の入会の障壁を取り除く方法だ。ある種のお試し期間だ。そして私が見た都内某ジムでもやっていた。しかしそれだけではなかった。非会員向けの回数券を会員向けに販売していた。要するに、有料で会員が非会員を招待できるのである。会員が友達の知り合いのために回数券を買って招待する。その友達が気に入って会員になってくれることを狙っているのだろう。これは入会初月割引キャンペーンに近いが、気に入らなければすぐに辞められるという点では、お試しの心理的障壁は低い。

継続率に差はあるのか?

会員制のジムであれば、新規獲得以上に、継続率も重要な指標のはずだ。もし友達の紹介で入会した場合、通常の入会者と比べ、継続率はどうだろうか。直感だが、知り合いと一緒に通っていたほうが継続率は高い気がする。これも狙いの一つかもしれない。一人で黙々と鍛えるよりは楽しいだろう。今後、知り合い同士で来ている人が多くなっているのか、仮説検証が楽しみだ。

筋トレ実施

f:id:kawada22:20191208210916j:plain

久々の筋トレ

数週間ぶりに近所のジムへ。春先は毎週通っていたのに今は月に1回行けばマシになってしまった。体重は変化がないのでだが、体脂肪は順調に増加を続けている。最近は腹回りの贅肉が目立つようになってきた。年末年始は飲み会も多く、太る要素満載なので、今から筋肉量を増やして代謝を高めておくことに。

基本は下半身中心

筋肉の7割は下半身なので、下半身を重点的に鍛えることに。確かに割れた腹筋や大きな大胸筋は見た目かっこいいが、見せることはほぼないので効率重視で下半身。特にハムストリング(もも裏)と臀筋(お尻)が大きい筋肉なので、ここから始める。筋トレの基本は大きな筋肉から。

へとへと

スクワット、ブルガリアンスクワット、ランジウォーク、レッグカール、レッグエクステンション、などなど。ほんとはデッドリフトもやりたかったのだが、時間がなく断念。この他にチェストプレスなど上半身も行うこと1時間。かなりへとへとになった。昔は2時間くらいやっていたのだが、そんなことは今の体では到底不可能。これからも週1回は通うようにしたい。

TOEIC結果通知

f:id:kawada22:20191130121147j:plain

忘れた頃に結果が届く

初めてのTOEIC受験から約1ヶ月ほどして結果が郵送されていた。最後の数問は時間がなくて適当に塗りつぶしたし、リスニングもよくわからないところが多かったのであまり自信はなかった。650点くらい取れればいいかと思っていた。

結果はまさかの

結果は意外とよく、725点だった。最後に適当に塗りつぶしたところが当たっていたのかもしれない。リスニングとリーディングで半分半分くらいの得点だった。受験前に模擬問題を1回解いただけだったので、時間配分ミスは大いなる反省点。DUOを使った勉強だけだが、自分としてはよくできたと思う。

次回は来春辺り

次はもっと準備をして望みたい。800点に到達すれば大満足。別にTOEICができると英語ができるというわけではないが、勉強のきっかけにはちょうど良かった。来週あたりからまた勉強を開始したい。

マーケティング・ビジネス実務検定合格!

f:id:kawada22:20191110232703j:plain

格通

マーケティング・ビジネス実務検定の受験から約1ヶ月、待望の合格通知を得た。合格したのはB級。資格試験を受けたのは数年前の普通自動車免許以来(それ以前はない)で、試験勉強は大学入試以来であり、自分としてはよくできたと思う。

勉強はそこまでしていない

勉強を開始したのは試験の3週間くらい前から。オフィシャルのテキストを一読することから始めた。1週間勉強してみて、自分が使用しているテキストは受験予定のB級ではなく、それより一つ下の階級のC級用のテキストであったことにようやく気づき、2週間前にB級のテキストを購入し直した。

毎日勉強したわけではなく、2日から3日に1回程度で、30分から1時間程度机に向かった。章末に例題があるので、一読したら各章の例題に戻って解き、答え合わせと再度テキストの熟読を繰り返した。

試験1週間前の平日は巻末の過去問を解き、週末は国会図書館で古い版のテキストを借りて、その巻末の過去問を解いた。各版のテキストの巻末に1回分の過去問が掲載されているので、合計で3回分の過去問を解いた。

別に国会図書館に行かなくても、過去問は販売されているので買えばいい話なのだが、10回分?で3,000円〜4,000円くらいするし、そんなに過去問を解く必要もないと考えていたので、買わずに済ませた。

ちなみに、試験会場では半数以上の人が過去問を使用していたようだ。結構勉強しているような人が多かった。

アウトプットが重要

最初にテキストを読んで大まかな内容を理解する。巻末の過去問をさらっと眺めて出題内容や難易度を知る。そしてそれらを踏まえたうえで、例題や過去問を何度も解く。この流れが合格への最短ルートだと思う。

章末の例題は3回、過去問は自分で買った最新のテキストは2回、国会図書館で借りたテキストの過去問は1回行った。読むだけで覚えられる人は少ないから絶対に「解く」作業が必要だ。アウトプットを重ねることで、しっかりと身につく。

時間配分の考慮は不要

どんなにゆっくり解いても絶対に時間は余る。時間配分を考える必要はない。難易度は高くないので、力試しという意味でも受けてみてはいかがだろうか。

休職期間の終了、そして復職

f:id:kawada22:20191027220438j:plain

休職期間は約2ヶ月半

医師の診断書を提出したと同時に休職してから2ヶ月半が経過し、ようやく復職した。医師から復職可と記載された診断書を書いてもらい、産業医に提出。その後、2週間程度の出社訓練(朝と夕に会社に顔を出すだけ。生活リズムを整えるためのものらしい)を行い、人事と面談し新たな配属先を決定。配属先もすんなりと決まり、晴れて復職を果たした。

今思えば、そんなに大したことではなかったかもしれない

長期間休んで、リフレッシュした状態で振り返ってみれば、休職するほどのことではなかったかもしれない。でも心身ともにダメージを負っていたら、客観的な視点は持てないし、ただただ苦しむだけだっただろう。そして実際苦しくて耐えられなかったから休んだのである。本当ならばもう少し早くに復職したかったのだが、産業医にも人事にも心療内科医にももう少し休みなさい、慌てないでと言われ、結局2ヶ月以上の休暇をもらうことになった。

休みがあるからといって楽しいわけではない。

健常な状態であれば、長期休暇なのでこの上ない幸せだ。しかし、適応障害で休職となると話は別だ。最初は何もやる気が起きない。徐々に回復してきても、復帰後を考えると不安になってソワソワしてしまう。かなり復帰に近い時期になると、出社練習や人事面談でスケジュールが埋まってくる。だったら普通の状態で働き続けたほうが幸せだ。

会社に縛られる必要はない

結局のところ、苦しんでまで会社のために働く必要はないと思った。嫌ならやめればいい。働き口はいくらでもある(働き口の選択肢は人によるがw)。つらい思いをして会社に尽くしたところで、そこまでのリターンはあるのか?そもそもそこまで尽くすほど自分にとって価値ある存在なのかと問い直すいいきっかけとなった。

特に、高学歴で大企業に勤めていると、それ自体に満足してしまいそうだが、もう数年後にはそんな価値観は廃れているかもしれない。

初めてTOEICを受験

f:id:kawada22:20191027193145j:plain

人生初のTOEIC

今日が初のTOEICの受験日。会場は自宅から徒歩10分程度のとある会社のセミナー室。基本的には自宅近くの会場に自動的に割り振られるらしいが、申込みがギリギリになると少し離れたところになってしまうこともあるみたい。12時30分から説明が始まり、13時から15時までの2時間が試験時間。ちなみに12時30分を超えると受験できないらしい。ここは融通が聞かない模様。

これまでの勉強時間は?

正直そこまでできていない。毎日DUO3.0のテキストをリスニングしていたくらい。1ヶ月前から毎日30分程度勉強していた。それ以外は数年前の大学受験の貯金に頼るしかない。模擬問題は1回分だけはやったので、出題形式は把握しておいた。課題はリスニング全般とリーディングの語彙問題(パート5)、そして何より時間配分であった。とにかくTOEICは時間が足りない。リスニングは45分と決まっているので、リーディング部分をいかに高速で解けるかが肝だった。

やっぱり時間は足りなかった

全200門中、最後の15問くらいは時間が足りず、適当に塗りつぶした。語彙問題(パート5)で思ったより時間を潰してしまったのが原因。語彙はスピーディーに、そして文章題は必要以上に文章を読み返すことがないようにすることが課題だと感じた。

次は年明けかな

次回は年明けに受験しようかと思う。今回はDUO3.0で英単語、NEXT STAGEで英文法を勉強したのみで、TOEICに即した勉強はしていなかったので、今後数ヶ月でのんびりとTOEIC対策を進めていきたい。

映画を見てこんなに疲れたのは初めて

f:id:kawada22:20191016210257p:plain

久しぶりの映画鑑賞

話題作のジョーカーを見に行った。普段はほとんど映画館にはいかないのだが、北米ではこの映画の影響で暴動が起きるかもしれないと言われているようなので、見に行ってきた。

そこまで事前告知等を確認していたわけではないので、どういう内容かはほぼわからない状態だった。

見終わった後は疲労

正直言って、ハッピーエンドとは言い難いし全部見るのにとても疲れたというのが第一印象。決してつまらなくて退屈だったわけではない。むしろ面白かった。

障がいを持ち、貧困で孤独な状況の主人公が最後は人々を熱狂させる。現実に起きたら怖いし、観ていて盛り上がるわけではないが、主人公と、彼を取り巻く人間模様の変化は面白かった。

この映画によって現実世界で暴動が起きるかと言われたら、そこまでではないのではないかと思った。しかし、実際に主人公と近い環境だったらどう思うかはわからない。

ちなみに後から知ったことだが、登場人物の設定は他のアメコミとリンクしているらしい。全然アメコミ自体を観ていないのでわからないが、興味があれば確認してみても面白いかもしれない。

また観たいとは思わなかった

観ていてスッキリするわけじゃないし、とにかく観るだけで体力を使ったので、また観ようとは思わないのが正直なところ。

でも、人間味ある主人公がジョーカーに変わっていく過程や、その結果は見る価値があったと思った。

もしかしたら、すぐは観ないが、数年後の金曜ロードショーとかでは観てしまうかもしれない。

ブログランキング・にほんブログ村へ