ウェブマーケターの日記

ウェブマーケターの日記

ウェブマーケティングを中心に、キャリアや趣味などをつらつらと書いていきます。

休職期間の終了、そして復職

f:id:kawada22:20191027220438j:plain

休職期間は約2ヶ月半

医師の診断書を提出したと同時に休職してから2ヶ月半が経過し、ようやく復職した。医師から復職可と記載された診断書を書いてもらい、産業医に提出。その後、2週間程度の出社訓練(朝と夕に会社に顔を出すだけ。生活リズムを整えるためのものらしい)を行い、人事と面談し新たな配属先を決定。配属先もすんなりと決まり、晴れて復職を果たした。

今思えば、そんなに大したことではなかったかもしれない

長期間休んで、リフレッシュした状態で振り返ってみれば、休職するほどのことではなかったかもしれない。でも心身ともにダメージを負っていたら、客観的な視点は持てないし、ただただ苦しむだけだっただろう。そして実際苦しくて耐えられなかったから休んだのである。本当ならばもう少し早くに復職したかったのだが、産業医にも人事にも心療内科医にももう少し休みなさい、慌てないでと言われ、結局2ヶ月以上の休暇をもらうことになった。

休みがあるからといって楽しいわけではない。

健常な状態であれば、長期休暇なのでこの上ない幸せだ。しかし、適応障害で休職となると話は別だ。最初は何もやる気が起きない。徐々に回復してきても、復帰後を考えると不安になってソワソワしてしまう。かなり復帰に近い時期になると、出社練習や人事面談でスケジュールが埋まってくる。だったら普通の状態で働き続けたほうが幸せだ。

会社に縛られる必要はない

結局のところ、苦しんでまで会社のために働く必要はないと思った。嫌ならやめればいい。働き口はいくらでもある(働き口の選択肢は人によるがw)。つらい思いをして会社に尽くしたところで、そこまでのリターンはあるのか?そもそもそこまで尽くすほど自分にとって価値ある存在なのかと問い直すいいきっかけとなった。

特に、高学歴で大企業に勤めていると、それ自体に満足してしまいそうだが、もう数年後にはそんな価値観は廃れているかもしれない。